カッティングシート・ステッカー の 貼り付け方

用意するもの

・カッティングシート
・ふきん
・霧吹き(水に対して1%ほどの中性洗剤を混ぜたもの)
・プラスチックのヘラや定規など

ウェット貼り

シートを貼る位置の微調整が出来る貼り方です。

【1】
カッティングシートを貼りたい場所のほこりやよご汚れをとります。

【2】
カッティングシートを貼り付けた状態のまま、アプリケーションシート(※)を台紙からはがします。

【3】
貼りたい場所に霧吹きをかけ、その上に【2】ではがした
アプリケーションシートとカッティングシートを気泡が入らないようにそっと乗せます。

【4】
プラスチックのへらや、定規などを使って、
カッティングシートと貼る面の間にある気泡と水分を抜きます。

【5】
貼る面とカッティングシートがしっかりとくっついたことを確認してから、
アプリケーションシートのみをはがします。

【6】
完成です!!

ドライ貼り

短い作業時間で貼ることが出来、小さいシートを貼るのに向いています。
但し、貼る位置の微調整が出来ません。

【1】
カッティングシートを貼りたい場所のほこりやよご汚れをとります。

【2】
貼り付けたい場所に台紙を付けたままのカッティングシートを置き、
両端にマスキングテープを貼って固定します。
シートが傾いていないかチェックしたら、アプリケーションシートの上からへらなどで軽く擦ります。

【3】
【2】で貼ったマスキングテープの片側だけを剥がし、シートを裏返します。
そして台紙を剥がしていきます。カッティングシートの粘着面に指がつかないよう注意して下さい。
台紙からはがれにくい時は、もう一度へらでアプリケーションシートの上から擦ります。

【4】
シートが曲がったり傾いたりしないように気をつけながら、
アプリケーションシートの上からへらで擦り貼り付け面へ接着していきます。
ドライ貼りの場合、この後位置を変えることはできません。
また急いで作業を行うと気泡が入る原因にもなるので慎重に行ってください。

【5】
貼り終えたら、シートの中心から空気を抜くようにへらで擦ります。
その後全体をへらで擦り圧着させていきます。

【6】
圧着し終えたらアプリケーションシートを剥がして完成です。
勢いよくはがさず、慎重にはがしてください。
カッティングシートに気泡が入ってしまった場合には、
カッターや針でシートに小さな穴をあけて指で空気を抜きます。

アプリケーションシートとは

アプリケーションシートとは

カッティングシートの上から貼ってある透明なシートのこと。
ご購入時のカッティングシートはアプリケーションシートとくっついた状態です。
アプリケーションシートごと貼るというわけではないのでご注意ください。